チャンピックスが暴力行為を誘発?

日本においてもタバコを止めたいと思っている人は多くなっており、病院で禁煙治療を受けていることは珍しくありません。
病院の禁煙外来などに通うことで、厚生労働省の認可を受けている禁煙補助剤のチャンピックスを処方してもらうことができます。
従来までは禁煙治療ではニコチン製剤が広く用いられていましたが、最近では高い確率で禁煙できるチャンピックスの服用が一般的な治療法になっています。
タバコを吸うことによって、肺がんや呼吸器疾患などの病気を発症してしまいますので、禁煙することは健康被害を防ぐために有効な方法となります。
禁煙できない原因はタバコに含まれているニコチンにあると言われており、ニコチンを摂取しなくなると切望感が高まります。
しかし、チャンピックスを服用することによって、ニコチン受容体に結合しますので、切望感を軽減させながら禁煙をすることが可能になります。
チャンピックスの処方については、専門的な治療が受けられる医療機関を受診することで処方してもらえます。
チャンピックスは医薬品となりますので、一定の割合で副作用を発症させる可能性があります。
副作用の主な症状としては、眠気やめまい、記憶障害などがあります。
また、チャンピックスを服用することによって、焦りを感じたり、気分が落ち込む、不安を感じやすくなるなどの精神疾患が引き起こさせるということも報告されています。
禁煙補助剤を服用した結果、精神的な不安が強くなったと感じるときには服用を中止することが必要です。
チャンピックスを乱用してしまうことによって、暴力行為を誘発してしまうという論文も存在します。
チャンピックスは医薬品であることをしっかりと認識して、用法や用量を守って服用する必要があります。
■有名通販サイト【あんしん通販薬局】の検証サイトです
あんしん通販薬局の偽物は存在する?